よくある質問


営業日、時間は?

ご予約次第になります。



何人から何人まで利用できる?

お一人さまから二十人さま強までお受けしております。



女性も行っていい?

女性のお客さまも歓迎でございます。



ドレスコードは?

ご利用の趣旨によりますが、ドレスダウンはスマートカジュアルまでが好ましいと存じます。
裸足でのご入来はご遠慮くださいませ。



芸妓さん、舞妓さんを何人呼べばいい?

芸妓、舞妓を呼ぶも呼ばないもお客さまのご自由です。
おどりをご覧になるのであれば、芸舞妓を二名(踊りと唄三味線)以上お申し付けくださいませ。



芸妓さん、舞妓さんの装いは?

芸妓は、ご要望がなければ、からげの着物(一般的な着物)。ご要望があれば、日本髪に裾引きの着物になります。
ただし花代が異なります。

舞妓は振袖、裾引き、だらりの帯の装いで参ります。



一見さんお断り?

お茶屋という店の特性をご理解くださる方は、その限りではありません。
なお、お茶屋のよさは二回、三回と重ねてご利用されることで培われるものと、ご理解くださいませ。



予算はいくら?

ご利用により異なりますので、一概においくらと申し上げることができません。
どのような利用をご希望かお申し出くださいましたら、お見積りいたします。
ご予算をご提示くださいましたら、ご予算内でできることをご提案もいたします。



ご祝儀は?

ご祝儀はお気持ちのものですから、なされても、なさらなくても結構です。
金額もお気持ちのものですから、多少をお気になさらなくて結構です。



大阪にも花街がある?

大阪は歴史のある大きな町ですので、以前は市内各地に花街が賑わい栄えていました。
現在は北新地と南地(ミナミ)にかろうじて残っております。



芸妓さんになりたい!

伝統文化が好きで、担い手になりたいと熱意のある方は、お問合せくださいませ。